エルフの竜の巫女と浄化の儀式(膨腹破裂)

Adult

エルフの竜の巫女と浄化の儀式(膨腹破裂)

  • Digital
    480 JPY

表紙・余白ページ込み:28p 本文:24p ※お好みの方法で閲覧可能なように、  異なる形式で作成した複数のファイルを同梱しております。   ※内容はすべて同じです   ※2ページ目と、pdfファイルの27,28ページは調整用の余白ページです。落丁ではありません。 ・漫画(見開き閲覧用pdfファイル) ・漫画(単一ページpdfファイル) ・漫画(jpgファイル) ~あらすじ~ エルフ族は、どこからともなく湧き出す「咎」の災厄を避けるため、 代々「竜の巫女」と呼ばれる、竜の血を引く女性が20年に一度、 「浄化の儀式」を執り行っているという。 また、竜の血を引かない者も、 「巫女」として不定期に「浄化の儀式」を執り行っている。 「浄化の儀式」は、彼女ら「巫女」自らが生贄となり、 子宮に「咎」を腹が破裂するまで受け入れ続けるという凄惨な儀式である。 受け入れた咎は浄化されるため、より巫女の腹が膨れ上がるほど、 その後は安泰であるとされる。 しかし… その実態は、「理性的で社交的なエルフ族」という評価を守るために 抽出した自らの煩悩(特に性欲)のやり場に困り、 社会的に疎まれる混血種や、罪人の腹に詰めてまとめて処理してしまえ、 という考えのもと生み出された、 利己的なものであった。 長年繰り返されたこの悪習は、いまやエルフ族の一大娯楽として成立し、 儀式を撮影した動画は裏の市場で取引されている。 訓練を受け、これが素晴らしい神聖な儀式であると教えられ、 より多くの「咎」を子宮に受け入れることができれば、 皆が幸せになれる、と教育された「巫女」。 いわれのない罪で、避けられない死と苦痛を宣告された「巫女」。 今日もまた、「浄化の儀式」が執り行われる…

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

表紙・余白ページ込み:28p 本文:24p ※お好みの方法で閲覧可能なように、  異なる形式で作成した複数のファイルを同梱しております。   ※内容はすべて同じです   ※2ページ目と、pdfファイルの27,28ページは調整用の余白ページです。落丁ではありません。 ・漫画(見開き閲覧用pdfファイル) ・漫画(単一ページpdfファイル) ・漫画(jpgファイル) ~あらすじ~ エルフ族は、どこからともなく湧き出す「咎」の災厄を避けるため、 代々「竜の巫女」と呼ばれる、竜の血を引く女性が20年に一度、 「浄化の儀式」を執り行っているという。 また、竜の血を引かない者も、 「巫女」として不定期に「浄化の儀式」を執り行っている。 「浄化の儀式」は、彼女ら「巫女」自らが生贄となり、 子宮に「咎」を腹が破裂するまで受け入れ続けるという凄惨な儀式である。 受け入れた咎は浄化されるため、より巫女の腹が膨れ上がるほど、 その後は安泰であるとされる。 しかし… その実態は、「理性的で社交的なエルフ族」という評価を守るために 抽出した自らの煩悩(特に性欲)のやり場に困り、 社会的に疎まれる混血種や、罪人の腹に詰めてまとめて処理してしまえ、 という考えのもと生み出された、 利己的なものであった。 長年繰り返されたこの悪習は、いまやエルフ族の一大娯楽として成立し、 儀式を撮影した動画は裏の市場で取引されている。 訓練を受け、これが素晴らしい神聖な儀式であると教えられ、 より多くの「咎」を子宮に受け入れることができれば、 皆が幸せになれる、と教育された「巫女」。 いわれのない罪で、避けられない死と苦痛を宣告された「巫女」。 今日もまた、「浄化の儀式」が執り行われる…